スケジュール

2013年度 年間活動計画

全体セッション

第1回(5月) 第2回(9月) 第3回(11月) 第4回(2月)
テーマ 環境・街づくり グローバル ものづくり・
ネイチャーテクノロジー
⾷・健康
ゲスト 益⽥⽂和
(LLPエコデザイン研究所所⻑)
末吉⽵⼆郎
(国連環境計画⾦融イニシアチブ特別顧問)
⽯⽥秀輝
(東北大学大学院教授)
福井昌平
(ミラノ万博・総合プロデューサー)
会員 住友林業株式会社
(⽊の街づくりの取組み)
住友化学株式会社
(オリセットネット・アフリカ⽀援ビジネス)
⼜は
⽇本ポリグル株式会社
株式会社ユーグレナ
株式会社LIXIL
⼜は
川崎重⼯株式会社
⼜は
エーザイ/ユニ・チャーム/ダイキン
キリン株式会社
(CSV推進本部について)
行政 林野庁林政部⻑
末松広⾏
(⽊材利用エコポイント)
中⼩企業基盤整備機構
国際協⼒機構(JICA)
国連開発計画(UNDP)
公益法⼈科学技術広報財団
常務理事熊澤健⼀
農林⽔産省・外⾷産業室⻑
⼭⼝靖
Point Of session  環境保護、環境配慮型の街づくりは、東北 復興を始めとした、今後発⽣する大規模な 街づくりにおいて、極めて重要なテーマで あり、大きなビジネスチャンスを秘めた領 域でもある。  グローバルに展開する企業において、CSV 展開のフィールドは、国内に留まらない。 海外における先⾏的な取組み、それを⽀援 する⾏政サイドの取組みなどを紹介し、海 外でのCSV展開の可能性を探る。  自然に学ぶモノづくり(ネイチャーテク ロノジー)は、モノづくりニッポン再⽣の キーワードの1つとして注目を集めている。 官学連携による最先端技術のビジネス展開 のヒントを探る。  ⽇本各地にある様々な「⾷」コンテンツは、 大きな魅⼒であり、それを活用したCSV展開 の可能性は⾼い。加えて、2015年開催の ミラノ万博のテーマも「⾷」であり、官⺠ 連携の施策展開は裾野が広がるチャンスで ある。
エコデザイン開発WG ハラール対応WG 科学技術広報WG ミラノ万博出展WG

テーマセッション

第1回(6月) 第2回(8月) 第3回(10月)
水上顧問によるゼミナール形式での勉強会

 

ビジネス創造ワーキング

通年・随時
具体的な社会課題解決に向けたCSVビジネスの検討 (ワーキンググループによる分科会)

公開シンポジウム

7月19日
  • オープニングセッション  「世界におけるCSVの潮流~CSVとは何か」
  • 基調講演  「これからの日本経営とCSV~キリングループにおけるCSV」
  • パネルディスカッション
     (第1部)「日本企業におけるCSVの先駆的事例」
     (第2部)「地方自治体の課題とCSVへの期待」

プログラムの内容は、事前の予告なく変更になることがあります。悪しからずご了承ください。

ページトップへ